債務整理考え物
*
ホーム > 過払い金 > 借金解決の手段として定着した過払い金請求

借金解決の手段として定着した過払い金請求

払い過ぎた借金を貸金業者に請求する過払い金請求。あまり聞かないこの言葉も、今では法律事務所や司法書士が様々な媒体で宣伝しておりますので借金をしたことのない人でも、過払い金請求の言葉はどこかで見た事はあるでしょう。

過払い金請求の現在の実情は、自己破産や任意整理と言った債務整理のみならず借金を解決する為の、一つのポピュラーな手段となっています。

過払い金請求は債務整理よりもメリットが大きい

債務整理を行った場合の債務者は、債務整理の代償に様々なデメリットを被る必要があります。代表的なデメリットは、いわゆるブラックリスト入りといって債務整理後の数年間は、借金やローンの契約が出来なくなるというものです。

過払い金請求では、そのデメリットを無視できるので必然的に債務整理よりも受けるメリットの方が大きいとも言えます。実際、債務整理の相談を受けた弁護士が依頼された場合は前段階として現在の債権者から取引履歴を取り寄せて、滞納した延滞金や金利の計算を含めて債権の総額を算出します。

その際に過払い金が発生していないかも調べてみて、過払い金が発生していた場合は

  • 債務整理をせずに発生した過払い金で借金の元金を減らして完済を目指す
  • 過払い金が発生していても元金を減らすだけでは完済が難しい為、任意整理等で金利カットも含めて交渉を行う

と、債務者と方向性を相談して後々決めていく事もあります。まずは、過払い金請求の口コミや評判などをみて、依頼する事務所を決めて相談してみましょう。